「労務監査人養成講座」主催・「労務監査人資格」認定団体

 Personnel & Labor management Expert Association

一般社団法人  人事・労務エキスパート協会

ご予約・お問合せはこちらへ

03-6804-5034
営業時間
9:00〜17:00
休業日
土曜・日曜・祝日

「労務監査人」資格で社会保険労務士、人事・労務担当者としての価値を高める。

「労務監査人」について

「労務監査人」は、当協会が運営する労務監査人認定制度に基づき労務監査についての知識・技能を習得された方に認定付与する資格名称です。

・認定対象者は、当協会または当協会が指定する講座実施団体が開催する「労務監査人養成講講座」の受講者で修了証の交付を受けた方となります。

・資格認定は、ご本人のお申し出により行います。修了証と併せて職務経歴書・資格証明資料等をご提出いただきます。

・認定基準は、人事労務における実務経験と知識にに対する総合的判断となります。また、協会主催の「労務監査人実践ゼミナール」を受講者することでも認定基準をみたすことができます。

・資格有効期間は、3年間です。この間労務監査人資格登録者は法改正、行政方針等の特別講習や特別講演会・懇親会など当協会及び提携団体が開催する講座や行事にご参加いただけます。これらを含む指定講座の受講により資格有効期間を3年間更新することができます。

資格登録後当協会に会員としてご参加頂いた方には特別講習の無料受講などの特典の他、協会事業の委託、法人会員・一般企業からの案件紹介等、資格と技能の活用機会をご提供してまいります。

 

 

「労務監査人」資格認定の流れ

養成講座受講から資格認定までの流れをご説明いたします。

修了証の交付

まずは、養成講座の受講を

労務監査人養成講座」を受講いただいた方に受講修了証を交付いたします。受講修了証の記載事項に誤りがないかご確認ください。講座最終日に資格認定をお申し出になる方は、職務経歴書・資格証明資料等をお持ちください。

申し出・資料提出

認定手続きについては講座内でもご案内

受講修了者のお申し出により資格認定を致します。お申し出の際には受講情報と人事労務分野における経歴・資格証明資料を併せてご提出頂きます。提出先・方法等については受講修了時にご説明いたします。予め必要書類をご用意頂いている方につきましては、講座最終日にお申し出を受け付けることもできます。

審査・認定

更に能力向上を目指す方は実務ゼミナールを

お申し出受付後、協会にて認定審査を行います。認定に値すると判断された方については資格認定証を交付します。審査期間は概ね2週間程になります。

実務経験が不足している方につきましては、「労務監査人実務ゼミナール」の受講により認定要件を充足することもできます。

資格認定期間は3年簡、認定期間中に更新要件を満たすと更に3年間認定期間が延長されます。